中村直幹はスキージャンプ選手であり実業家!経歴はどうなの?【北京オリンピック】

2022年北京オリンピックが開催されましたね!

スキージャンプ選手で、今回オリンピック初出場中村直幹選手をご存じですか?

選手として活動しながらも、企業やチームに所属せず会社を設立して自分でスポンサーを募って競技を続けているんです!

いったいどんな方なのか気になったので調べてみました。

中村直幹選手プロフィール

まずは中村直幹選手のプロフィールや経歴をご紹介します!

プロフィール

・氏名 中村直幹(なかむら なおき)

・生年月日 1996年9月19日

・所属 フライングラボラトリー

・出身地 北海道札幌市

・学歴 東海大学



中村選手は小学校時代は野球をしていましたが、大倉山ジャンプ競技場のすぐそばの小学校に通っていた影響もあり小学校5年生の時にジャンプを始めたそうです。


本格的にジャンプに向き合い始めたのは中学生になってからで、中学3年でジュニアの日本代表に選ばれ、高校生で世界ジュニアの代表争いに参加するようになります。


野球は肘を痛めてやめてしまったそうですが小さいころから運動が得意だったんですね!

中村直幹選手の戦歴は?

高校性から世界ジュニア選手権などに参加している中村選手の戦歴はどうでしょうか!

  • 2015年 ジュニア世界選手権アルマトイ大会 個人44位
  • 2016年 ジュニア世界選手権ルシュノフ大会 個人21位、団体3位
  • 2017年 ユニバーシアードアルマトイ大会 個人1位、混合1位
  • 2017年 アジア冬季競技大会札幌大会 個人1位、団体1位
  • 2018年 全日本選手権 ラージヒル2位
  • 2019年 ワールドカップ 総合ランキング39位、個人最高順位14位、団体最高順位5位  世界ランキング(夏)27位
  • 2020年 ワールドカップ 総合ランキング43位、個人最高順位13位、団体最高順位6位 世界ランキング(夏)6位
  • 2021年 世界選手権団体4位、ワールドカップ最終団体戦2位

中村直幹選手は実業家?

中村選手は実は実業家でもあることはご存じですか?


大学卒業後、強豪実業団からの誘いを辞退して自ら起業する道を選び、2019年に第一線で競技を続けながら、地球温暖化などの環境問題に取り組むことを目的に「合同会社フライング・ラボラトリー」を設立しました。

実業団に所属して企業に組み込まれることに違和感があったのと、これまで訪れた世界各地で目の当たりにした経済格差や経済矛盾、環境問題などを解決するために、自分にできることは何だろうかと考えるようになったそうです。

まとめ

スキージャンパーとして競技を続けながら、自身でも会社を設立した中村選手についてご紹介しました。


選手としての活躍ももちろん、実業家としての活動も今後が気になりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。